HOMEへ
肢体不自由児施設
病院事業
障がい者支援
地域支援

その他の事業
ご利用の流れ・料金
組織紹介
ボランティア
アクセス
 サイトマップ


外来診療のご案内
入院のご案内
各科の紹介
各部門の紹介


◇病院事業◇

療育センターでは次のような診療科目があり、一般診療とともに心身の発達に障がいのあるお子さんに対し、健全な発達を促すことを目的とした診療を行っています。
外来入口 受付窓口 外来廊下 外来にある仕掛け時計

外来診療のご案内

◆診療科目等

小児科  … 一般診療、発達相談、生活支援、予防接種、乳幼児健診、各種診断書作成(特別児童扶養手
       当認定請求書等)
整形外科 … 一般診療、手術、補装具作成、各種診断書作成(身体障がい者手帳交付に係る診断書等)
児童精神科… 自閉症などの広汎性発達障がい、AD/HDなどの児童精神疾患
神経内科 … 一般診療、健康管理、診断書作成等(主に障がい者支援部利用者)
泌尿器科 … 一般診療、自己導尿の指導・管理
歯科   … 一般歯科診療、小児歯科診療

 また、医師が必要と判断した場合、各種訓練を受けることができます。
  ・理学療法(運動発達の相談指導・訓練)
  ・作業療法(手や遊びの相談指導・訓練)
  ・言語聴覚療法(ことばと食事の相談指導・訓練)
   →訓練科の紹介へ

その他
 ・各種福祉制度の相談
 ・療育事業(音楽療法等)
 ・発達相談(医師からの指示により必要に応じて発達検査や心理検査を実施し、心理面のさまざまな相談
  に応じています)
他に、レントゲン室、薬局、検査室、栄養管理室があります。

→施設平面図へ

◆診療時間、受付時間

診療時間:9:00〜12:00、13:30〜16:00
受付時間:8:30〜11:30、13:00〜15:30

科別診療時間帯
診療科目
小児科 ○/○ ○/○ ○/○ ○/○ ○/○
整形外科 ○/○ ○/○ ○/○ ○/○ ○/○
児童精神科 ○/○ ○/○ ○/○ ○/○ −/−
神経内科 −/− ○/− −/− −/− −/−
泌尿器科 −/− −/− −/○ −/− −/−
歯科 ○/○ −/− ○/○ ○/○ ○/○
 ※診療日時は医師の都合により変更になる場合もあります
                   ○/○ 午前・午後とも診療   ○/− 午前のみ診療
                   −/○ 午後のみ診療      −/− 午前・午後とも休診

◆受診について

当センターでは、外来診療は予約制をとっております。

※初めて受診される方は、前もって電話でご連絡ください。
※初めて受診される際には母子健康手帳をご持参ください。身体障がい者手帳や療育手帳などをお持ちの方はそれらもご持参ください。
※初診、再診にかかわらず、受診の際には保険証と各受給者証をご持参ください。

▲トップへ

入院のご案内

当センターには、許可病床数60床の病棟があり、一般入院、児童福祉法による契約入所及び措置入所を受け入れています。

◇一般入院について◇


◆入院手続   

当日は、次の書類等を準備のうえ、外来受付窓口にお越し下さい。点滴中の男の子
・入院診療申込書 ・健康保険証 ・母子健康手帳 他

◆日常生活について

起床 6:30 就寝 21:00

食事について
病状に応じたものをご用意いたしますが、病院食以外の食べ物や飲み物についてはご相談下さい。
・食事時間 朝食…7:30 昼食…12:15 おやつ…14:50 夕食…18:00

入浴について
毎週月・水・金曜日となっております。入浴のない日についても、随時身体の清潔に努めています。

◆面会について

面会時間 9:00〜20:00
必ず、正面玄関受付にあります面会簿にご記入願います。また、病棟看護師にお声をかけてくださいますようお願いします。

その他、詳細については入院のしおり(PDF,126kb)をご覧ください。



契約入所、措置入所については→肢体不自由児施設のページをご覧下さい。

→施設平面図へ



▲トップへ

各診療科の紹介

◆小児科

小児科診察風景
成長・発達に不安があるこどもたちに対し、小児科医が診療をしています。一般診療(病気の診断・治療、健康管理、予防接種など)だけでなく、特別な支援が必要な児には、他の診療科や部署(相談支援部訓練科など)と連携してリハビリテーションや地域支援などの相談にも応じています。


<成長・発達に不安があるこどもたちとは?>

以下のようなことがあるお子さんです。
・運動発達の遅れが気になる(ハイハイ、寝返り、お座り、歩行ができないなど)
・ことばが遅れている
・ことばが不明瞭(聞き取りにくい)
・集団生活になじめない(保育所、幼稚園、学校などでさまざまな問題がある)
・こころの問題が気になる(情緒が不安定、心因性の身体症状ではと心配)
・身長や体重が気になる(こがら、肥満など)
・健診で精密検査をすすめられた
・病院でリハビリなどの療育が必要と言われた

記載した例は当小児科で相談を受けることが多いものです。これらのこと以外でも、不安のある場合はお気軽にご相談ください。
また、障がいのあるお子さんには、特別な支援(福祉サービスなど)を受けるために必要な各種診断書・意見書を作成しています。

◆整形外科

一般診療、補装具作製、各種診断書・意見書作成、手術を行っています。

<一般診療>
主に運動器(骨、関節、筋肉、末梢神経など)の疾患を治療します。具体的には次のような方が対象となります。
・運動発達(寝返りやお座り、歩行など)が他のお子さんよりも遅れている方整形外科診察風景
・脳性麻痺や二分脊椎などの麻痺性疾患(体がつっぱったり腕・脚などの力が弱い方)
・筋疾患(筋肉の力が極端に弱くなる疾患の方)
・骨系統疾患などによる四肢変形や短縮(腕・脚などが変形したり、極端に短い方)
・歩容異常(歩き方に問題のある方)
・小児整形外科疾患(先天性股関節脱臼、ペルテス病、先天性内反足など)
・一般整形外科疾患(関節や頚椎〜腰椎の変形や痛み、四肢外傷など)
・乳幼児健診で整形外科専門医の受診をすすめられた方

医師の診察の結果、治療方法が決定されます。
 装具療法を行う場合は補装具の作製を行います。
 訓練が必要と判断された場合は理学療法または作業療法が訓練科で行われます。
 ボツリヌス療法が可能です。ボツリヌス療法を希望される方で当センターを受診
 したことがない方は、かかりつけ医の紹介状(詳細な経過を含む診療情報提供書)
 が必要です。
 手術が必要な場合は入院のご案内をします。

<補装具作製>装具をつけたカエルくん
障害者自立支援法または健康保険の適応を受けて、医師が必要であると判断した場合、次のような補装具を処方・作製します。
・各種装具(上肢装具、下肢装具、体幹装具)、義肢(義手・義足)
・座位保持装置、立位保持装置、車椅子、歩行器 など

<各種診断書・意見書作成>
身体障がい者手帳、特別児童扶養手当、障がい児福祉手当等の申請に必要な診断書・意見書の作成を行っています。

<手術>
股関節疾患に対する骨盤骨切り術や大腿骨骨切り術、下肢短縮に対する骨延長術、
内反足の手術などを行っています。
その他に脳性麻痺などの麻痺性疾患に対して痙性をコントロールする手術を行っています。
手術が必要な方は原則として入院していただき、手術後はリハビリテーションを行います。

◆児童精神科

精神科待合室基本的に発達障がいの児童の診療を行っており、就学前のお子さまから高校生の方までを対象としています。
発達障がいとしては、以下のようなものがあります。
・自閉症
・注意欠陥多動性障がい(AD/HD)
・学習障害
・その他

◆神経内科

主に障がい者支援部の利用者の方々に関して、脳血管障がいや神経筋疾患などの一般診療、言語訓練、健康管理、各種診断書の作成などを行っています。

◆泌尿器科

泌尿器一般診療のほか、二分脊椎などによる神経因性膀胱に対する自己導尿の指導・管理を行っています。


◆歯科

歯科診察風景一般診療と小児歯科診療を行っています。
小児歯科診療では、障がいのあるお子さんに円滑に治療を行うために、開口器・ラバーマスク・レストレーナーなどを使用して治療を行っています。
また、歯列矯正の相談も行っています。
盛岡市在住の方の幼児歯科健診も行っています。
▲トップへ

各部門紹介

◆訓練科の紹介

訓練科の紹介

小児科、整形外科、児童精神科、神経内科の医師の診察により、理学療法、作業療法、言語聴覚療法、摂食機能療法の各療法が必要と判断されると、各療法士に指示が出され各療法が開始されます。         
・各療法を行う有資格者は、各々理学療法士、作業療法士、言語聴覚士と呼ばれています。
理学療法(PT:Physical Therapy)理学療法室
脳性麻痺やその他の疾患に伴う運動発達(首のすわり、お座り、立つ、歩く)の遅れ、運動麻痺、筋力低下のあるお子さんに対して、運動発達を促す療法を行います。また、股関節脱臼、ペルテス病等の整形外科的疾患などの方々も対象としています。
成人の脳性麻痺やその他の疾患、後遺症の方には運動機能の維持改善を目的とした療法を実施しています。
また、日常生活動作(食事・更衣・移動・排泄・整容・入浴など)や、福祉機器の活用についても助言します。
作業療法(OT:Occupational Therapy)
作業療法室発達の遅れや障がいにより日常生活(食事、着替え、トイレなど)の動作や遊び、学習などの際に手や腕の動きがぎこちなかったり道具の取り扱い等が苦手なお子さんに対して、それらの活動が習得できるように訓練・指導を行います。また、落ち着きがない、こだわりが強いなど行動上の問題のあるお子さんに対して、障がいの特性に合わせた感覚統合療法や行動調整によって、行動上の問題を解決できるように訓練、指導を実施しています。
言語聴覚療法(ST:Speech Therapy)言語訓練の風景
ことば・コミュニケーションや摂食(食べ物を噛みこなす力)・嚥下(飲み込む力)に、発達の遅れや障がいのあるお子さんに対し、治療や相談、生活指導等を行います。
言語聴覚療法(ことば・コミュニケーション)では、言語発達面への治療・指導の他、身振りサイン・会話補助機器等を用いたコミュニケーション指導を行い、伝える力・理解する力・人とやり取りする力を育てます。
摂食機能療法(摂食・嚥下)では、実際の食べ物を用いた食事指導の他、抱き方や座らせ方、食器等の工夫を行います。
また、食べる機能の発達は、舌や口唇の動きを要する発音の発達にとても重要なことから、発音指導の一環としても食事指導を行っています。

▲トップへ

◆その他の部門の紹介


レントゲン室、薬局、検査室、栄養管理室の紹介へ





▲トップへ

岩手県立療育センター 〒020-0401 岩手県盛岡市手代森6-10-6 TEL:019-624-5141 FAX:019-624-5144
Copyright(C)2008 Iwate Prefectural Rehabilitation and Nursery Center for Disabled Children All Rights Reserved.
クリックで障がい者支援棟平面図へ移動します クリックで福利厚生棟平面図へ移動します