HOMEへ
肢体不自由児施設
病院事業
障がい者支援
地域支援

その他の事業
ご利用の流れ・料金
組織紹介
ボランティア
アクセス
 サイトマップ


外来診療のご案内
入院のご案内
各科の紹介
各部門の紹介


   ◇病院事業◇

各部門紹介

◆その他の部門の紹介


レントゲン室の紹介

レントゲン室では、おもに小児科、整形外科、歯科などのX線撮影、CT撮影、ポータブル撮影、デンタル撮影を行っています。
2007年10月に、一般X線撮影装置の更新とともにデジタル化となりました。
さらに、2009年3月から待望のCT装置が設置され、稼動しています。
画質の向上と被爆線量の適正化をはかり、安心して検査を受けられるように努めています。


歯科撮影
歯の撮影をしています。
病棟などに行って
ベッドサイドで撮影します。
パノラマ撮影装置 ポータブル撮影装置
パノラマ撮影装置 ポータブル撮影装置

CT撮影装置

 CT撮影装置(全体)  CT撮影装置(正面)
  頭部から四肢の全身の撮影が可能で、画像処理により3D画像撮影も可能です。


薬局の紹介

調剤室薬局では、各診療科の処方に従いお薬を調剤・監査して患者様にお渡しします。
病棟や手術室には、注射処方箋に従った注射液(麻薬・劇薬など)の払い出しと管理も行っています。

外来では、お薬をお渡しする時は服用される薬の説明を行っております。その際、服用状況をお尋ねしながら、安全にかつ効果的に薬を服用して頂くための説明も付け加えるように努めております。

また薬の管理が困難な方には服用1回分ごとに薬を包む一包化を行って、正確に薬を服用できるような調剤も行っております。

正確な調剤に努めながら、分かりやすい説明を心がけていますが、お出ししたお薬について分からない事がございましたら、ご遠慮なくお尋ねください。


給食の紹介

厨房当センターの食事は、管理栄養士1名、委託栄養士2名、委託調理師5名の計8名のスタッフで、利用者皆様の食事を提供させていただいています。
安全でおいしい食事を食べていただけるよう衛生管理や味付けなど気をつけて調理に従事しています。


発育・発達、また摂食・嚥下能力には個人差がありますので、能力を伸ばすためのサポートができるよう、各職員と連携し、一人ひとりに適した食形態で提供できるよう心がけています。

献立食事を楽しく、喜んでいただけるよう、行事食やリクエストに応えたメニュー、またバイキングメニュー等を行っており好評を得ています。

また、センターを利用される方は幼児〜成人と年齢層が広いので、定期的に嗜好調査を行い、味付け、食べたい料理など皆様からの声を食事作りに生かすよう努めています。


検査室の紹介

検査室では、主に検体検査と生体検査を行っています。

≪検体検査≫
採血された血液・尿・痰・便等の材料を検体とする一般検査・血液検査・生化学検査・免疫血清検査・細菌検査などがあります。

*血液検査*
 赤血球数、白血球数、血色素量、血小板数、血球形態(白血球の分類等)を調べる検査で
 す。
*生化学検査*
 主に血液(血清・血漿)と尿を試料として肝臓、腎臓、心臓などの各種臓器の病気の診断、
 病気の程度、治療効果などを判定するための検査です。その他にも血中薬物濃度、血液中の
 ガス(酸素、炭酸ガス、PH)の検査も行っています。
*免疫血清検査*
 主に血清を試料として、血液型(ABO、Rh式)や感染症の有無を調べる検査です。
*尿・糞便一般検査*
 尿検査では尿中の成分(糖、蛋白、潜血など) や細胞などを調べ、便検査では胃・腸など
 の出血の有無や寄生虫の有無を調べます。



≪生理検査≫

多機能解析心電計 ホルター心電計 デジタル脳波計 超音波診断装置
多機能解析心電計 ホルター心電計 デジタル脳波計 超音波診断装置

心電図、脳波、超音波、肺機能検査を行っています。


→病院事業トップページへ戻る

▲トップへ

岩手県立療育センター 〒028-3602 岩手県紫波郡矢巾町大字藤沢第2地割29番地1 TEL:019-601-2777 FAX:019-697-3900
Copyright(C)2008 Iwate Prefectural Rehabilitation and Nursery Center for Disabled Children All Rights Reserved.
クリックで障がい者支援棟平面図へ移動します クリックで福利厚生棟平面図へ移動します