HOMEへ
肢体不自由児施設
病院事業
障がい者支援
地域支援

その他の事業
ご利用の流れ・料金
組織紹介
ボランティア
アクセス
 サイトマップ


医療型障がい児入所施設
医療型児童発達支援センター「つくしんぼ」



◇医療型障がい児施設(入所・通所)◇


医療型障がい児入所施設

手足や体幹に障がいのあるお子さまを対象に、当センターに入所していただき、それぞれお子さまに合った治療を行い、自立した生活に必要な各種訓練、支援などを提供します。

満開の桜の下で   病棟の廊下で訓練中

◆医療

入所児の症状に応じて、障がいをできるだけ軽減し、運動機能の向上を図るため、小児科、整形外科的治療とともに、理学療法・作業療法・言語聴覚療法などを行います。
さらに、歯科的治療及び歯科保健を通して、口腔衛生に努めています。

◆看護

・病棟には、幼児から18歳までのお子さまが入所されており、できるだけお子さま及び保護者の皆様のご
 希望に応えられるよう、看護計画に沿ってお世話をしています。
・お子さまが治療・訓練・教育を受けながら生活される過程で、生活環境の整備や余暇時間の過ごし方の工
 夫、そのほか看護を通して基本的な動作、生活習慣が身につけられるよう支援しています。
・日常の健康管理については、一人一人のお子さまに対して、健康の維持・増進への支援、健康を崩したと
 きの治療及び看護を医師との連携のもとに行っています。
短期入所事業、日中一時支援事業も行っています。

◆生活支援                  

明るく、規則正しい生活の中で、児童が自信をもって社会参加ができるよう援助します。また、サマーフェスティバル、クリスマス会等の諸行事を通じて、社会性と責任感を高めるよう支援します。
諸行事
サマーフェスティバル、もちつき、クリスマス会、職場体験、SST、サマーハイキング、児童交流など

食事については、利用者の方の発育・発達、また摂食・嚥下の能力を伸ばすためのサポートができるよう、各職員と連携し、一人ひとりに適した食形態で提供できるよう心がけています。

◆教育

センター内に併設されている岩手県立盛岡となん支援学校分教室で教育が受けられます。

入所児の一日の生活

→施設平面図へ

◆利用契約の手続き

(1)療育センター小児科を受診し、入所のための意見書の交付を受けます。
(2)岩手県福祉総合相談センター(児童相談所)で手続きをします。
   添付書類:戸籍抄本、住民票謄本、所得証明書、母子健康手帳、保険証、公費負担受給者証、
   身体障がい者手帳、療育手帳、通帳、印鑑 等
(3)「障がい児施設給付費給付決定通知書」の交付を受け、療育センターと利用契約を結びます。

◆入所に要する費用

(1)受けるサービス(訓練の種類・回数)によって要する費用が決まります。
   (ただし、所得に応じた上限額があります。)
(2)日用品のうちセンターから支給するもの(歯ブラシ、シャンプー・リンス、おむつ、尿とりパッド、
   おしりふきなど)は実費負担です。
(3)支払いは翌月の15日前後に納入通知書及び明細書にてご請求申し上げます。郵便局の振込用紙又は
   金融機関からの口座振替にてお支払いいただきます。

<費用算定例>
モデル1)一般世帯で認定された場合の1ヶ月の費用
   障がい児施設給付費+障がい児施設医療費+食事療養費=約45,000円
   加えておむつ等を使用した分の実費(およそ300円〜10,000円程度)
モデル2)低所得世帯で認定された場合の1ヶ月の費用
   障がい児施設給付費+障がい児施設医療費+食事療養費=約16,000円
   加えておむつ等を使用した分の実費(およそ300円〜10,000円程度)

◆お問い合わせ

療育センター育成部児童支援係(内251)までお問い合わせください。

▲トップへ

医療型児童発達支援センター「つくしんぼ」

手足や体幹に障がいのあるお子さん(幼児)に通所していただき、機能訓練(理学・作業・言語)や保育を通して、その健やかな成長を支援します。
つくしんぼ入口 保育室の遊具 食堂

◆対象児童

1歳6ヶ月から就学前の障がいのあるお子さんです。
定員は20名です。
また、当センターに入所しているお子さんは、日中一緒に保育しています。

◆目標

「元気で明るく頑張る子」
(1)健康な体をつくり、運動機能を高めよう。
(2)友だちと仲良く明るく遊ぼう。
(3)強い心を育てよう。  
つくしんぼ










◆通園の日程

つくしんぼの日課
  8:40 開園、順次登園
 10:00 通園バス(迎え)到着
検温、水分補給
 10:20 朝の会、保育活動
 11:20 機能訓練、自由遊び
 12:15 給食
 →給食の紹介へ
 13:30 お昼寝
 14:30 水分補給
 14:45 お帰りの会
 15:00 順次降園
 15:10 通園バス(送り)出発
 16:40 最終降園





















◆主な活動内容

 ・外部講師による活動:音楽療法(月1〜2回)、リズム遊び(月1〜2回)
 ・親子参加の活動:プール活動(ふれあいランド岩手のプールを利用、月1〜3回)、
          交流保育(近隣保育園児と年2回交流)、親子遠足(年1回)
 ・その他の活動:スヌーズレン(月1回)、誕生会、季節に応じた活動
 ・保護者対象:保護者研修会(年2回)、保護者懇談会(年2回)、保護者面談(年2回)

→施設平面図へ

◆利用契約の手続き

(1)療育センター小児科を受診し、通園するための意見書の交付を受けます。
(2)各市町村の窓口で手続きをします。
   <手続きに必要な書類>
    戸籍抄本、住民票(世帯全員)所得証明書、母子手帳、保険証、公費負担受給者証、手帳関係、
    通帳、印鑑 等
(3)「障がい児通所給付費給付決定通知書」の交付を受けた後、療育センターとの利用契約を結びます。

◆通所に要する費用

(1)受けるサービス(訓練の種類・訓練回数)、出席日数によって要する費用が決まります。
   (ただし、所得に応じた上限額があります。)
(2)食費は実費負担になります。
(3)支払いは翌月の15日前後に納入通知書及び明細書にて請求します。郵便局の振込用紙又は
   金融機関からの口座振替にてお支払いいただきます。

◆お問い合わせ

療育センター育成部通所係(つくしんぼ 内270)までお問い合わせください。

▲トップへ

岩手県立療育センター 〒020-0401 岩手県盛岡市手代森6-10-6 TEL:019-624-5141 FAX:019-624-5144
Copyright(C)2008 Iwate Prefectural Rehabilitation and Nursery Center for Disabled Children All Rights Reserved.
クリックで障がい者支援棟平面図へ移動します クリックで福利厚生棟平面図へ移動します